FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バランスシートで家計管理 2014年7月

バランスシートで家計管理2014年7月分です。

早速ですが、先月のバランスシートと並べて比較します。

2014/6/25(円)
資産の部負債・純資産の部
現預金等3,757,856カード債務249,781
株式等8,238,327奨学金債務1,337,979
敷金60,000繰延税金負債312,481
   
   
  負債合計1,900,241
   
  評価差額金1,265,158
  自己資本8,890,784
  純資産10,155,942
   
資産合計12,056,183負債純資産合計12,056,183
2014/7/25(円)
資産の部負債・純資産の部
現預金等3,886,875カード債務297,957
株式等8,489,444奨学金債務1,325,926
敷金60,000繰延税金負債347,108
  交通費前受金99,940
   
  負債合計2,070,931
   
  評価差額金1,412,072
  自己資本8,953,316
  純資産10,365,388
   
資産合計12,436,319負債純資産合計12,436,319


包括利益(先月からの純資産増減)=+209,446円
 うち、株式評価損益=+146,913円
 うち、当月純利益=+62,533円

堅調な株式相場に支えられて、包括利益は20万円超を確保することができました。
ただ、当月純利益6万円はアウトでした。
今月は残業代が同じく6万円ほど支給されましたが、これはつまり残業代なしの基本給ベースでは今月は赤字かトントンくらいだったということです。
原因は飲み代などの交際費だと思います。

以前から控えようと口ばかりですが、今月もその悪影響は収支に明確に表れています。
この厳しい月次決算結果をきちんと受け止めて、少しづつ日々の習慣を改善したいなあと思います。
そろそろ経理部の繁忙期も終わるので、ストレス発散飲みは発生しなくなるので、少しは落ち着くはず。

<関連記事>
バランスシートで家計管理 2014年6月
スポンサーサイト

バランスシートで家計管理 2014年6月

バランスシートで家計管理6月度です。

ボーナス支給月でかつ、株価も堅調という事で、良い決算となりました。
では、先月5月のバランスシートと並べます。

2014/5/26(円)
資産の部負債・純資産の部
現預金等3,241,769カード債務117,329
株式等7,914,058奨学金債務1,350,032
敷金60,000繰延税金負債281,470
立替金10,000 
   
  負債合計1,748,831
   
  評価差額金1,133,878
  自己資本8,343,118
  純資産9,476,996
   
資産合計11,225,827負債純資産合計11,225,827
2014/6/25(円)
資産の部負債・純資産の部
現預金等3,757,856カード債務249,781
株式等8,238,327奨学金債務1,337,979
敷金60,000繰延税金負債312,481
   
   
  負債合計1,900,241
   
  評価差額金1,265,158
  自己資本8,890,784
  純資産10,155,942
   
資産合計12,056,183負債純資産合計12,056,183


包括利益=+678,946円
 うち、株式評価損益=131,281円
 うち、当月純利益=547,666円

ベッドを購入したり、スーツ買ったり、飲みにいたりと比較的支出の多い月でしたが、株高と賞与に助けられて包括利益は大幅プラスで、純資産は約70万円も増加しました。

先月の同記事にも書いたのですが、最近特に飲み代や昼食の財布の紐が緩みがちなので気を付けていきたいと思っています。とはいえ、平日仕事ばかりの平凡サラリーマンですから、ランチくらい財布を気にせず食べようかなと思います。
飲み代も不相応な高級店は別として、一人3,000〜4,000円くらいの普通の居酒屋ならまあ身の丈に合った感じで別に厳しく管理しなくともいいかなとも思っております。

とにかくこのバランスシート家計管理を使って、きちんと毎月ウォッチは欠かさず行います。

<参考記事>
バランスシートで家計管理 2014年5月 飲み過ぎたな〜

アメイジングスパイダーマン2を観ながら思った、やはり米国株式に投資をしたいと

最近、会社の同僚と仕事帰りに映画を観に行くことがあります。
仕事帰りに映画観るのなんかいい気分だね!ということで、月一回くらいのペースで。

先日は「アメイジング・スパイダーマン2」を観ました。
ニューヨークの平和を守るピーター扮するスパイダーマンが悪者をやっつけるという、お手軽に何も考えずにぼーと楽しく観られる娯楽映画なのですが、この映画を観ながら「やっぱりアメリカは株主が神様なんだなあ」と思わせるシーンがありました。

映画に出てくるオズコープという会社での役員のやりとりで、頻りに「投資家の期待に応えねば」という言っているシーンがあったのです。
この映画はウォール街を描いた作品でも何でもない、完全なアクション映画であるにも関わらずこのような「投資家の期待」というセリフが出てくるところに、アメリカ経済の文化というか考えを改めて感じたのです。

「会社は誰ものか?」という質問、ホリエモンや村上ファンドが話題に上った頃に多く耳にした気がするこの質問。
日本人の多くはこの質問に対して、会社はすべてのステークホルダー、すなわち株主だけでなく従業員、取引先、債権者、すべての利害関係者のものであると答えるそうです。
対して、アメリカ人の大半は会社は株主のものと答えるそうです。

背景にある国の成り立ちや宗教の違いもあるので、一概にどちらが正しいかは言えないですが、少なくとも株式投資をしている私の利益のみを考えるとそれはアメリカの会社の株を買いたいという結論になります。
なぜなら、アメリカ企業の方が、株主重視の経営をしてくれることが期待できるからです。

と、このようなことを、映画を観ながら考えておりました。
なんか気分転換のために皆で映画を観に行ったのに、そこでさえこのような投資のことを考えてしまう自分が少し嫌になったのでした。

保有銘柄公開 2014年5月末 日本株比率は大幅低下へ

今から約半年ほど前に、投資を初めて約1年という節目ということで、保有銘柄を公開しました。
詳細はこちらをご覧ください。
「私の保有銘柄公開 1年間の投資実績」

それから早くも半年ほど経過し、私のポートフォリオ(アセットアロケーション)もかなり変化しているので、この辺でまた公開させて頂こうと思いました。

ということで、こちらが現時点(2014年5月26日時点)の保有銘柄とその評価額です。
銘柄口座種類2014年5月
TOPIX連動型上場投資信託(1306)特定口座1,231,000
NFタイ株式SET50(1559)特定口座212,625
NFFTSEブルサ・マレー(1560)特定口座210,000
ISエマージング株(1582)特定口座946,800
上場海外先進国(1680)特定口座1,427,200
上場海外新興国(1681)特定口座1,179,900
TOPIX連動型上場投資信託(1306)NISA口座86,170
MXS外株/ETF(F)(1550)NISA口座276,320
ISエマージング株(1582)NISA口座147,280
iシェアーズ MSCI インドネシア ETF(EIDO)一般口座231,598
iシェアーズ MSCI フィリピン ETF(EPHE)一般口座228,174
マーケット・ベクトル・ベトナムETF(VNM)一般口座337,615
外国株式インデックスe特定口座426,145
MXS外株/ETF(F)(1550)特定口座759,880
SPDR500/ETF(F)(1557)特定口座96,950
iシェアーズフロンティア株(1583)特定口座116,400
合計 7,914,058

東南アジア株式に投資したくて、一般口座で投資をせざるを得なかったこと、NISA口座を開設したことがあり、管理すべき銘柄数が増えてきて、毎月の管理が少し大変になっています。


アセットアロケーションは以下の円グラフで示しました。
201405ポートフォリオ

以前保有銘柄を公開した2013年12月では、日本株式の比率が28%ありましたが、それが17%と大幅に低下しています。
これは購入額を抑えて、また一部売却も行って、意図的に調整を図ってきた結果です。

また、もう一つ大きな変化としては新興国株式クラスの比率が海外先進国株式クラスの比率を上回っているということです。これは、あまり意図して比率を調整をしたわけではないですが、インドネシア、フィリピン、ベトナム等の東南アジア諸国の株式を積極的に買い増した結果です。

一般的に、先進国:新興国=7:3の比率が世界の株式市場の時価総額比率と一致すると言われますが、私のポートフォリオはそれとは若干異なります。
どちらかというと、新興国の長期的な株価上昇を期待しているポートフォリオとなっています。

まあ私のような投資額数百万円の場合、数パーセントのアセットアロケーションの比率の変化など正直あまり投資成果に影響はないと思っています。

自分の目標としているアセットアロケーションははっきりとはないのですが、概ね今くらいの比率で投資を続けていこうかなという方針です。ただ、日本株式の比率は最終的には10%未満まで引き下げる予定です。

(関連記事)
私の保有銘柄公開 1年間の投資実績

バランスシートで家計管理 2014年5月 飲み過ぎたな〜

2014年5月のバランスシート家計管理を公開しまーす。

では、先月4月のBSと並べてみます。

2014/4/25(円)
資産の部負債・純資産の部
現預金等3,160,299カード債務200,414
株式等7,726,944奨学金債務1,362,085
敷金60,000繰延税金負債254,981
   
   
  負債合計1,817,480
   
  評価差額金1,022,554
  自己資本8,107,210
  純資産9,129,764
   
資産合計10,947,243負債純資産合計10,947,243
2014/5/26(円)
資産の部負債・純資産の部
現預金等3,241,769カード債務117,329
株式等7,914,058奨学金債務1,350,032
敷金60,000繰延税金負債281,470
飲み代立替金10,000 
   
  負債合計1,748,831
   
  評価差額金1,133,878
  自己資本8,343,118
  純資産9,476,996
   
資産合計11,225,827負債純資産合計11,225,827


包括利益(前月からの純資産増減)=+347,232円
 うち、株式評価損益=+111,324円
 うち、当月純利益=+235,908円

全体的な株高の助けもあって、包括利益はプラス約35万円と大幅黒字となりました。

ただ、残業代支給が多かったことを考慮すると、やりくり収支結果を示す当月純利益が+23万円というのは、一見良い結果に見えますが、実態はお金を使いすぎました。
今月もし残業代支給がゼロだったら、おそらく赤字だったと思います。

その原因は、明らかで、飲みすぎましたw

決算が終わって、仕事が落ち着いてきたのをいいことに、深夜の4時くらいまで飲んではタクシー帰りと。。
5月は飲み代だけで10万円以上使ってしまった気がしてまして、ちょっと反省しています。
でも付き合い飲みとかでは一切なく、楽しかったからいいやって思っています。

6月はもう少し落ち着いた生活に戻していこうと思います。
と書いている先日も、3時まで飲んでましたがw
最近はテキーラやウイスキーがおいしくておいしくて。

何はともあれ収支はきちんとプラスで回しており、こうやって毎月の家計財務状態もウォッチできているので身を滅ぼすようなお金の使い方はしてないつもりです。
「人生楽しまないと!」という言葉を言い訳に、また飲みまーす。

(関連記事)
バランスシートで家計管理 2014年4月

プロフィール

七田涼介

Author:七田涼介
1987年生まれ、東京在住の公認会計士(男・独身)。
数年の監査法人勤務を経て某事業会社の経理に勤務しています。
主にETFや投資信託を用いての国際分散投資をしています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。